一般事業主行動計画

20150625

平 成 27 年 7 月 1 日

株式会社ヒガシトゥエンティワン

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」

 能力開発及び生産性向上を通じ、全ての従業員が仕事と生活の調和を図り働きやすい職場を作るため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間  平成27年7月1日~平成32年6月30日までの5年間

2 内  容

目標1 出産、子育てに関する制度を整備し社内への周知を徹底する。

<対策>
● 育児休業規程を改訂し育児短時間勤務制度の対象者、対象時間の枠を拡大し働きやすい環境を作る。
● 育児休業規程の改訂を社内のイントラネットに掲示し全社員への周知を図る。

目標2 所定外労働時間の削減を推進する。

<対策>
● 5S運動を推進し効率の良い業務の遂行に努め、所定時間外労働の抑制を図る。
● 月々の所定外労働時間を把握し、長時間労働となっている部署の業務内容を見直し時間の短縮を図る。

目標3 年次有給休暇の取得を促進する。

<対策>
● 年次有給休暇の取得状況を把握し、その結果を各部署にフィードバックすることで、休暇の取得率の向上を図る。

以上

 

平 成 28 年 4 月 1 日

株式会社ヒガシトゥエンティワン

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律
に基づく「一般事業主行動計画」

 女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため次のように行動計画を策定する。

1 計画期間  平成28年4月1日~平成33年3月31日

2 当社の課題

課題1
採用における男女別の競争倍率、男女の継続勤務年数に大差は無いが、管理職に占める女性割合が0 パーセント、また、係長級の職員に占める割合も全体の8パーセントと低い水準にある。
課題2
管理職を目指す女性が少ない
課題3
(過去、職員に対する期待役割に男女差があったために)同世代の男性労働者に比べ、女性労働者の育成が遅れがちになっている

3 目標

  • ・管理職(担当課長以上)に占める女性の割合を、10%以上にする。
  • ・係長級(課長代理)に占める女性の割合を、20%以上にする。

 

4 取り組み内容と実施時期

取組1:管理職に対する女性部下育成に関する意識啓発や女性部下の育成計画の作成

●平成28 年10 月~
全管理職に対して、女性部下の育成に関する意識調査アンケート・ヒアリングの実施。部下の能力や適性・志向ではなく、管理職の意識や固定概念によって、仕事の割振りや育成に男女差がないか精査し、必要に応じて研修の実施などを検討する。
●平成29 年10 月~
管理職に向けた、女性部下育成のための研修の実施。
育成計画の策定、実施(試行)。課題検証。
●平成30 年10 月~
管理職に向けた、女性部下育成のための研修の実施。
育成計画の策定、実施

取組2:女性社員が自身のキャリアに対する意識を醸成するための研修・OJT の実施

●平成28 年4月~
女性職員に対してのキャリア意識醸成のための研修の企画・実施。
●平成30 年4月~
意欲のある女性労働者の積極的発掘と、選抜した人材の集中的な育成(研修への参加や、現管理職が定める後継者育成計画対象者に女性労働者を積極的に含め、現場管理職からの集中的なOJT を行う。

取組3:「重要だが、家庭と両立しづらい職務経験」を出産・育児期以前に積極的に付与

●平成28 年4月~
社内部門において、「重要だが、家庭と両立しづらい職務経験」について洗い出し。また、その職務経験が、本人の将来的な昇給・昇格に与える影響度についても検討。新しい運用方法について検討する。
●平成30 年4月~
新しい運用基準に基づいて試行開始。課題を検証。
●平成31 年4 月~
新しい運用基準に基づく運用を本格実施。

 

自社の女性活躍に関する情報

【評価・登用】

  • 係長級にある者に占める女性労働者の割合・・・8%
  • 管理職に占める女性労働者の割合・・・0%

以上

ページのトップへ戻る