IR情報

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス報告pdf_ico
1.
コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方
 当社は、コーポレート・ガバナンスの内容を充実させることを経営の最重要課題の一つとして位置付けており、公共性が高い物流事業としてコンプライアンスに忠実な企業活動に努めております。
2.
体制を採用する理由
 当社には親会社や支配株主は無く、企業価値を高めることで社会に貢献できる会社を目指し、経営環境の変化に柔軟に対応できるよう、経営基盤の強化・安定を図るとともに経営上の諸問題に関して、コーポレート・ガバナンス体制の維持と向上に取り組んでおり、適切かつ効率的な意思決定及び経営監視機能が有効に機能すると判断し、現状の体制を採用しております。
3.
企業統治の体制
 当社の取締役会は、取締役8名(うち社外取締役1名)で構成されており、監査役の出席のもと原則、毎月開催され、法令で定められた事項の他、経営に関する重要事項を決定するとともに業務執行を監督する機関として位置付けております。
 当社は監査役会設置会社として経営の公正性及び透明性に努め、中立・公正な立場で取締役の重要な業務の執行に対する有効性・及び効率性を確保する経営監視体制を整えております。
 当社の監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されており、監査役は取締役会に出席し、取締役の職務の執行を客観的な立場から監視し、また、監査役会では、意見交換による情報の共有化とともに、内部監査室及び会計監査人と連携してコンプライアンスの徹底を図ることにより、組織的かつ効果的な監査を実施しております。
4.
社外役員の独立性に関する基準(PDF 74KB)
PDFファイルを見るためには、日本語版の Adobe Reader が必要です。 ご使用のブラウザにインストールされていない場合はダウンロードしてご覧下さい。 Get Adobe Reader
ページのトップへ戻る